nobiteblog | ノーバイトブログ

 ノーバイト渡部のトップウォーターバス釣りに関する最新商品・釣果情報ブログ
<< 今週の休み | main | フィネス プラッギン 新色 >>


追記 昨日の釣り

一昨日は病院に行きました
経過は順調です
良かったです

昨日は釣りに行きました
台風一過の強風、夏日
どうでしょう

1匹目
朝一のトラブル後、釣り再開
日が上がり、どうでしょう?この時間
マンメイド、外側、探りで使っていたプラポッパーの別注チャートギルで小バスが元気に反応しました

ノーバイト渡部 ガウラクラフト プラポッパー ノーバイト別注 チャートギル

濁りが入り始め、微妙な状況
相変わらずの強風
時間を変えて、再度、流します
先ほどとほぼ同じエリア
見え隠れしているマンメイドの下流側、プラポッパーを丁寧に操作します

ズバッ!!!

すごい出方です
一気にマンメイドに持ち込もうとしています
反転と行く方向が確認できたので、回避するようにロッドを裁くも・・・

プツッ・・・

切れました
流れがあるとはいえ、バットパワーを上げた、ボロンロッド試作が一気に引き込まれました
切れたところを確認すると、明らかな擦れ切れ
掛け方が下手でした
ワンチャンスをものにできないあたり
やはり持っていません
切れたプラグが浮いてきました
フックが伸びています
刺さりもしていなかったようです

気を取り直して、再び流します
風が変わり、ベタだった水面がざわついています
変わり時か
ここまでは、明らかにポッパー系に反応しています
大きいのも小さいのも、早いのも遅いのも試しました
少ない反応から要素を引き出し、まとめてみました
同じプラグばかりだと、スレも始まります
小型、細身、ポップ音
ポッパー以外で演出するのは難しいのですが、少し前より復活させていたミノーイングによるポッピングを試してみることにしました
移動は少なく、操作は強め、テンポはゆっくりめ

ズボ・・・、ズボ・・・、ズボ・・・

動きは単調ですが、以前はまったことがあったので、今の感覚でもう一度構築できないかと思っていました
先ほどまではマンメイドの外側
次の魚は、マンメイドの内側でかかりました

バッシャン!!!

操作から、直引きに変わった瞬間です
一気にマンメイドに引き込もうとしますが、そうはさせません
バットまで絞り込まれているロッドを操作し、オープンまで引き出しました
しかし、水中には多くのマンメイドがあります
時間をかけれません
いなして、浮かして
一気に取り込みました


ノーバイト渡部 ラパラ ノーバイトリセット試作

綺麗な45でした
コンディション抜群
久々のラパラということもありますが、一安心しました

普通なら、頭を抑えるところでしょうが、フックは後ろ側が1本
いまいち、活性が上がっていません
使って釣って、はじめて良いところと悪いところがわかります
釣れたけど、今のままでは物足りません
もう少し詰める必要があります

この後、何度か流すも反応はありません
状況変化も含め、移動が無難と判断しました
移動中、先行で入っているプルトニウムシロップ杉さんに連絡してみると、すでに5キャッチとのこと
チェイスは多いものの、しょぼバイトで乗らない状況
アフター特有の現象です
SNSを見ていると、和泉さんの記事で「20本以上のキャッチ、早上がり」とあります
一緒にいるのは幅さん
電話で話してみると・・・、繋がらない
同行の幅さんのかけてみると、繋がりました

わ「20本?」
は「いや、もっといっていると思うよ」
わ「朝からそっちだったかもですね」
は「全部ケムだけどね、良いサイズも混じったし十分、夕方釣れそうだね」
わ「おこぼれいただきます」
は「がんばって」
わ「ありがとうございます」

いやおなしにテンションは上がります
すぐ後に和泉さんからも連絡があり、同じ内容
後でまとめてみたら朝だけで二人で46頭に27本キャッチ
謙遜していますが、ケムであろうと何であろうと、明るい時間に27本キャッチは賞賛だと思います
実際にやってみると分かりますが、スピニングでのピンポイントキャスト、大きい魚とのやりとりは難しいです
昨日はスピニングを持っていません
持っている手駒でどこまで近づけるか
魚の居場所はわかります
やってみましょう

エントリーに着くと陸っぱりの方が近寄ってきました

わ「どうですか」
陸「今日は釣れますよ、あそことあそこで40アップ3本です」
わ「期待できますね、ワームですか?」
陸「ステルスペッパーです、知っています?中層ただ巻きです」
わ「知っています、トップでなんとかしたいですね、ありがとうございました」

ステルスペッパーと聞けば・・・
行けそうです
出船するまでの短い時間で、目の前で釣っていました
30ちょいでした
活性はマックス
狙いは一箇所
あそこしかありません
居場所がわかっているのなら、粘って、時間で釣れ始める瞬間を逃さない方が私は好きです
動きたい人は動けば良いし、粘りたい人は粘れば良いんです

釣り開始
先ほど釣れたラパラのリセット試作が付いていました
同じようにポッピングと直引きを組み合わせます
4投目
岸ギリギリに落ちたプラグ
2回ポッピング、直引きに入る瞬間

ドフッ!

今日はみんな出方が良いです
楽勝サイズで、開始早々キャッチです

ノーバイト渡部 ラパラ ノーバイトリセット試作

操作でも直引きでも釣れる
5Mで釣れない魚を食わせることはできるのか
5Mの釣れ方を知りすぎているからこそ、それでフォローできる隙間はないか
そう思います
5Mを理解する道はまだまだ長いです
並行して鍛錬していきます

またもや、後ろのフック1本でした

そして、すぐでした
前でやっていた宮川くんのロッドが絞り込まれています
気づいた時には、魚が暴れていました
無音バイトです


宮川くん ミロルアー 5M ノーバイトリセット

比べると、太さが違います
春から真剣に5Mを引いています
あの津久井での衝撃的な54は彼の釣果です
着実にフックアップ率、キャッチ率が上がっています
一緒に行っている私も嬉しいです
おめでとう

そして、沈黙が訪れます
反応するの5Mだけ
全くの乗らない反転キスバイトとチェイスのみ
場所を休めましょう
釣りでは体力のペース配分も大事です
戻ってきたとはいえ、まだ体力が十分ではありません
1時間くらい日陰で休み、夕方に使うプラグを絞り込みます
いろいろやってはみるけど、結局、5Mに戻る宮川くん
であるならば、5Mで通して、切り替えのタイミングで操作系に変えればと提案
その方が、私が5Mでチェックする時間を他のタイプに変えられます
私は経験的に何種類か選択し、準備しました

16時、釣り再開

み「夕方活性上がればいいですね」
わ「そうだね、最近は17時以降が多いんだよね」
み「わかりました、それまではみっちり5Mで」
わ「よろしく」

やはり、5Mのみ反応が出ます
操作系は全く反応なし
岸際にはギルがたくさんいるところといないところがはっきりとわかります
釣れているのはいるところ
目視で確認しながら、流すべきエリアを絞り込みます

わ「やっぱりこういうところじゃないかな」
み「言われてみると、出ているところはそういうところばかりです」
わ「じゃ、他は飛ばしていくよ」

なだらかな斜面、レイダウン、水中のストラクチャー、沖目、日向
が、要素と感じました
そのような場所を時間をかけて探ります
朝とはいえ、27本も抜かれた後です
どうなんでしょう
居残り組は少ないかと思います
ケムで出ていた水深よりも深いところ、浅いところで出る魚を狙います
私の4本目は岸から4、5m離れた沖目
水中に立木があるポイントでした
岸から、ずっとプラポッパーを操作しています
強く遅く、ポーズを入れながら
プラグがここにありますよ、深いところから上がってきてください
そんな気持ちです
立木にさしかかるところ
操作の合間のちょっとのポーズ
一気に浮上してくる魚が見えました

バッシュッ!!!

元気だな
一気に潜ります
結構強いロッドが絞り込まれます

ノーバイト渡部 ガウラクラフト プラポッパー ノーバイト別注ギル

サイズは40ちょいってところでしょう
元気いっぱいですが、どうすることもできないほどではありません
難なくキャッチで夕まずめスタートを感じました
行き交った釣り人と話すと、チャーミー、タイニートーピードでキャッチとのこと
相方さんにはプラグを聞くのを忘れていました
やはり、魚は遅く、スローな展開のようです
そのサイズのプラグは持ってきていません
スローに持っていくか
それとも操作でスイッチを入れるか
切り替わりなのか判別できない部分もあるので、もう少しこのまま進めることにしました
直後です
またもや、宮川くんのロッドが絞り込まれています
釣れてきたのは豆サイズ
どシャローで見えていた小バスのようです

宮川くん ミロルアー 5M ノーバイトリセット

本当にかわいいね
17時30分
切り替えていいと思います
いる場所は変わらないと思います
昼に出ていた魚と明らかに違う感じ
プラポッパーで釣れた魚のコンディション
絞り込んだエリアで違う魚を狙います
ジャンピングミノー小、スティッピンイメージ、シャッドポッパー試作、ノーチラス2など
バイトがあるけど乗りません
豆は狙っていないのでいいのですが、いまいち活性が上がっていない様子
再び、5Mに切り替えた宮川くん
ロッドのタイプが全く違うので、操作系が使いにくそうです

み「今日は5Mでやりきります、覚えたいです!」

どうぞ
程なく反応がなく、次のエリアに差し掛かったところで最後の魚が釣れました
先ほどよりは深いのですが、魚のタイプは変わりません

宮川くん ミロルアー 5Mノーバイトリセット

食わせ系の直引き、操作系ではこのサイズ止まりでしょう
であるならば、プラグを大きく強くしてみます
ダイナマイトシャッドJP、反りトンボ、チャッピー、オリジナルザラスプーク、オウル2
バイトは相変わらずなのですが、全く乗りません
19時前
集中力が切れました
もういいです
上がります
その場、その場で選択したことは、それなりに当たっていたと思います
例年よりもやや早いタイミングでアフターがスタートの感じです
前日のアオヨシさん、幅さんの釣果、当日朝の幅さん、和泉さんの釣果を考えれば、こんなもんでしょうと思います
これから、2、3週間はこのような状況が続きます
タイミングが合えば、釣りに行ってみてください
参考になれば幸いです

ノーバイト 渡部

| - | 12:49 | - |
スポンサーサイト


| - | 12:49 | - |
http://nobite.jugem.jp/trackback/4900

home home home home home
▶ for mobile
qrcode
  • バーコードを読み取る
▶ categories
▶ nobite profile
▶ リンク集
▶ entries
▶ archives
▶ mail to
▶ others