nobiteblog | ノーバイトブログ

 ノーバイト渡部のトップウォーターバス釣りに関する最新商品・釣果情報ブログ


ローカル ユニプロップ2 抽選終了のお知らせ

抽選は終わりました

沢山のご応募ありがとうございました

あたった方には、連絡済みです

外れてしまった方は、別の機会をご利用ください

よろしくおねがいします

 

ノーバイト 渡部


| - | 19:35 | - |
ローカル ユニプロップ2 抽選販売のお知らせ

ユニプロップ2

ウッド製 110mm 29g±1

プロップの設定が違います

 

今回は2色です

抽選販売分を準備しました
入荷量が少ないので抽選販売とさせていただきます
氏名、送り先住所、郵便番号、電話番号をお書き添えの上、メールにてご連絡ください
来店、通販は問いません
通販の場合は、代引き、振り込みのご希望を教えてください
14日(土曜日)12時までの受付とさせていただきます
多くの申し込みが予想されます
抽選にもれてしまったお客様全てに返信できない状況です
ご了承の上、ご連絡お願いします

以下、申し込み書式です
コピーして、お使いください

氏名
送り先住所
郵便番号
電話番号
来店、代引き通販、振り込み通販
色の希望がある場合は、1色のみお書き添えください
希望がない場合は、こちらでランダムに選ばせてもらいます
ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください

よろしくお願いします
ノーバイトにメールする
info@nobite.net


| - | 16:22 | - |
今週の休み

今週は火曜、水曜、木曜でお休みいただきます

ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくおねがいします

発送に関してのお知らせです

多くのご注文ありがとうございました

代引き決済はすべて発送済みです

振込決済に関しましては、昨日も書いたとおり本日の15時までにご入金頂いておりお客様に関しましては発送済みです

その他のお客様のぶんは休み明けの金曜日に発送となります

ご了承ください

よろしくおねがいします

 

ノーバイト 渡部


| - | 20:01 | - |
ウェブショップにアップします

この記事を投稿後、ウェブショップにアップします

ご入用のお客様はウェブショップからご注文お願いします

今週は通う、水曜、木曜でお休みいただきます

振込決済の場合、明日月曜日の15時までに振り込んでいただければ、明日中に発送いたします

代引決済の場合、ご注文を受け付けたジュンに対応させていただきます

明日中に発送できない商品は、金曜日発送で対応させていただきます

よろしくおねがいします

 

ウェブショップはこちら

 

ノーバイト 渡部

 

追記

複数回ご注文いただいているお客様がいます

注文メールの処理の都合上、発送は遅くなってしまいます

予めご了承ください

 


| - | 20:08 | - |
フレッドアーボガスト マスキージッターバグ ジョイントリセット

何年ぶりでしょうか

久々に作りました

以前の作り方と基本は同じですが、精度、強度が格段に良くなっています

プラスティック系の素材でふたをすることは、強度的に不安が残ります

他の素材で蓋を作り、樹脂系素材で固めます

ジョイントを新設していますので、何よりも強度が重要と考えます

切って、つなげただけではジョイントの部分hが浮きすぎて、操作がいまいち

巻いてもバタバタ過ぎていまいち

やはり、適切な場所にウェイトが必要です

以前のモデルを参考しながら、重さと入れ方を再検証

巻いてみると適度な辛味で引き抵抗も少なめ

操作すればテーブルターンで誘います

操作して、ポーズでデッドスティッキング、回収はゆっくり目の巻きで

鉄板の使いかtです

ブランク製作で手間がかかりすぎました

色はシンプルなソリッドカラーです

ボディが格好いいので、ソリッドで十分です


| - | 17:32 | - |
スポーツザウルス ホッツィートッツィーセラフ ブロス×ノーバイト シェルインサートリセット

前回の生産では想像以上の高評価でした

色違いで作りました

クリアー感は殺したくありません

クリアーレッドで仕上げたヘッドカラー

透明感のある紫の細かいスケール、蛍光オレンジベリーの濃いめの配色

どちらも格好良く思います

プロップ大きめの設定

喫水が下がり、水絡みが良くなります

アワビの光

まさに乱反射

これで釣れているのかどうかは誰にもわかりません

が、定番的なプラグを本気で投げる気にさせてくれる仕上げ

それも大事な要素だと思います


| - | 17:10 | - |
コットンコーデル レッドフィン各種

レッドフィンC09のリセット

現行のボーンボディは浮力がありすぎてバタバタ過ぎます

それでも釣れるのでしょうが、プレッシャーが高い釣り場ではどうでしょう

ちょっと動きが荒すぎると感じます

ウェイトを入れて動きを殺します

どこに、何を、どの様に入れるか

試行錯誤しました

入れすぎると動きを殺しすぎて操作が野暮ったい

少ないと浮力が高すぎるので大して変わらない

テール寄りに設定しました

重めの1個ではピーキーになりすぎる

同じ重さをふたつに分割して、ちらして設定しました

操作のレスポンスはギリギリOKライン、巻では地味すぎないウェイク

ちょうどいい感じに仕上がりました

 

ジョインテッドレッドフィンCJ09

ヒロ内藤さんがウェイク仕様のチューンを紹介していました

やりたいことは一緒です

外付けで板オモリではリセットといえません

ラトルの入り方も個体でまちまち、全て取り除きます

動きを確定させるタングステンウェイトを固定化

音効果をプラスさせるために大きさの違うラトルを挿入

投げやすく、ロールと強めのアクションに仕上がりました


| - | 15:44 | - |
ヘドン クレイジークローラー リセット

暑くなってきて羽ものの登場が多くなります

定番的なクレイジークローラーのリセットです

スミスのファクトリーがリリースされてウィングがちゃんと動くのがとても重要であることはご理解していただいていると思います

しかし、動き過ぎはデメリットもあります

着水時に締まりきっていて開きにくいことがあります

立ち上がりが悪くなることがあります

もちろん、きっかけを作れば良いのでしょうが、できることなら入れないでも立ち上がってほしい

そう思うのは私だけではないと思います

きれいに可動する、その上、締まりきらない

これがとても大事です

プリントでお世話になっているフィネ小林さんの許可を得て、閉まりきらない様に手直ししています

ウィング自重でヘッドヘビーなので、ウェイト代わりになる樹脂を後方に入れてあります

オールドで抜群の個体があり、それに寄せた作りです

詳しくは以前の記事を探してください

同じプラグなのに表情がぜんぜん違う2色

カラーリングの面白さです


| - | 15:43 | - |
今回のワンオフ

ブランクが少なく、ワンオフ的な商品です

ボーイハウディとクレイジーシャッド

プロップの曲げ、パーツ交換、フック交換

地味な色ですがアユは釣れそうに感じます

J13を塗ってみました

分離できないジョイントは厄介です

当分やりたくありません

ギルです


| - | 15:31 | - |
エレキ修理

名機と言われるモーターガイドのFW54HTV

使い始めてすでに13年が経ちました

フットでも名機と言われるツアーシリーズと同じ内部構造を持つこのシリーズは未だに私にとっては現役です

このシリーズを最後に個別パーツ対応の修理ができなくなり、アッセンブリー対応の修理となっています

アメリカ本社のシステム上そうなってしまっているのは仕方がないことなのですが、できるならば修理対応で使い続けたいと考えています

今回バックが入らなくなり、ハイシーズンではありますが、やむなく修理となりました

色々とガタがきているのは明白

理由は明白で「使いすぎ」です

コストは掛かりますが使い慣れている道具で釣りを続けられるのはありがたいです

私はトップ堂の記事でお世話になったモーターガイドエレキの修理のプロと言っていい「」サポートエンジニアリング フラー」さんにお願いしています

最近になって、ようやく内部の構造が理解できてきて、話がわかるようになりました

工具があれば、自分でも修理できないわけではないか…

そう思う部分もありますが、何が故障していて、どのようにすれば改善するのか、確信を持って作業することはできません

何百台とメンテをしてきているフラーさんにおまかせするのが、最善と考えています

今回はブラシのアッセンブリーに不具合がありました

左 ブラシアッセンブリー新品

右 故障した機の現品

新品では濃い胴色に見えるのがブラシで、故障品の部品は熱で焼きが入っている状態

基盤とつなぐ銅線も熱で焼きが入っておりすでに銅色ではありません

これは単純に全開で回しすぎ

よく言われることですが、エレキの全開は長く続けるのは故障を早めるいい例となりました

その結果、熱が悪さをして、下の写真のようにブラシアッセンブリーの下側についているリレーと言われる部分が膨らんでしまいましたこの状態では、バックが入りません

今回はこのブラシアッセンブリーを交換して動くようになりました

が、この状態で使っていたからか、スピードをコントロールするモジュールという部品も故障仕掛けているとのこと

モジュールまで交換するとなると、それなりにコストが掛かります

パーツ供給もいつまで続くかわかりません

最新機に乗り換え、移行していくのもひとつ

愛着がある機を丁寧に使って修理し続けるのもひとつ

悩める状態ですが、使いながら様子を見てみようと思います

私の周りにも、FWを使われている方は多いです

一番つらいのは船上で故障すること

私は経験があります

ジョンをパドルで進むのは非常に厳しいと行っておきます

なにせ進みません

使用頻度にもよりますが、2、3年に一回はメンテナンス、オーバーホールに出すことをおすすめします

大きな故障になる前に、現状を把握して、対処することで長く使うことができます

シーズンオフになったら一度、相談してみることをおすすめします

公式のHPはないので、連絡を取りたい方は、お問い合わせください

連絡先をお伝えします


| - | 14:58 | - |

home home home home home
▶ for mobile
qrcode
  • バーコードを読み取る
▶ categories
▶ nobite profile
▶ リンク集
▶ entries
▶ archives
▶ mail to
▶ others